忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんばんは。

本日は県北地区PTA指導者研修会があり、K林副会長と出席してきました。
また来賓として、校長先生も出席していました。

「学校、家庭、地域社会の連携を担うPTA活動の在り方 -青少年に豊かな人間性を培うために-」の研修テーマの中、講演会(90分)と事例を基にしたパネルディスカッション(30分)の内容でした。

特に講演会は、「親が変われば子どもが変わる」の演題での講演でしたが、内容は大変素晴らしいものでした。大きな内容としては、
・親の都合で子育てをする親たち→子育てや家庭教育は誰の為になるのか
・子どもたちの現状とそれにより引き起こす社会問題(引きこもり、不登校など)
・親が変われば子どもも変わる→父性的(己制御能力)的・母性(対人関係能力)的かかわりをもつ。生活習慣を変える。物の見方を変える。

その中に子育て四訓として
「乳児は肌を離さず 幼児は手を離さず 少年は目を離さず 青年は心を離さず」というのがありました。
ちょうど私たちの子ども(中学生)は、少年から青年の時期(思春期)で、まさに「目を離さず→心を離さず」の時期です。
子どもとたくさんのかかわり(コミュニケーション)を持ち、「目を離さず、心を離さず」育てていかなければならないと感じました。
PR


【無題】
いつも楽しみに、見ています。
ここのところ、参加できずにすいません。

【子育て四訓】とても良い言葉ですね。
貴重な情報ををありがとうございます。
これからも、益々のご活躍を期待しています。
【Re:無題】
こんにちは。 Y.Sさん、コメントありがとうございます。

【子育て四訓】は本当に良い言葉ですね。
私も今回の講演を聞いて、「なるほど」と実感させられました。
中学生は多感な時期ですので、子どものちょっとした変化(サイン)を見逃さないためにも、子どもとのコミュニケーションを大切にしたいですね。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
会長
性別:
男性
自己紹介:

24年度は、「前向きに!!」をテーマとして活動を推進します。

本年度も会長を務めさせていただくこととなり、本Blogも3年目に突入となりました!
22〜23年度の活動で信頼関係・絆を深めることができたと考えております。
本年度は更に子どもたちのサポート活動を1歩前に進めることで、より太い絆が得られるよう、「前向きに!!」活動を推進していきたいと考えていますので、より積極的なご参加をお願いします。

本Blogでは、PTA活動のサポートツールとして、活動を身近に感じていただけるよう、活動の様子はもちろん、子どもたちの部活動の試合結果や学校・地域の情報など、タイムリーな情報を積極的に発信していきますので、よろしくお願いします。