忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



おはようございます。

今朝は小雨のパラつく朝ですね。
夜中の雷雨と比べれば…って感じですが、そのおかげでチョット肌寒い朝となっています。

さて、世間では来週月曜日に見ることのできる「金環日食」の話題が、メディア等で放送されていますね。
本Blogでも話題に乗り遅れないよう、この「金環日食」について少し触れてみたいと思います。

「金環日食」とは、太陽の視直径が月より大きく、月と太陽が重なった時に月の外側に太陽がはみ出し、細い光輪状に見える事象をいいます。
なぜ今回の「金環日食」でこんなに大きく報道されているのかというと、日本国内で見られる「金環日食」は1987年の沖縄県で観測された以来で、本州だと実に1883年以来の観測になるから。
また今回の観測を逃すと、次に日本国内で観測できるのは、2030年の北海道、その後は2041年の若狭湾~伊豆半島にかけてと、めったに見ることのできない天体ショーとのことで、こんなにも盛り上がっているようです。
正直、「へぇ~」って感じではありますが、見ることができるのであれば見てみたいものですよね。

では、具体的に「私たちの住む日立市はどうなの?」となりますが、日立市は全国的にみても恵まれた観測地といえるらしいです。
インターネットで調べてみると、観測できる時間帯が細かく掲載されています。

・日食の始まり  :6時20分47秒
・金環日食の始まり:7時34分36秒
・金環日食の終わり:7時39分19秒
・日食の終わり  :9時 05分50秒

ただ、メディアでも注意・警告を流しているように、以下のことに注意をして観測いただければと思います。

・絶対に太陽の生の光を目に入れない。
・太陽観測専用のフィルターを選び、正しく使う。
・どんなに安全な方法でも連続して長時間見ない。

もっと具体的にこの「金環日食」が日立市でどんな見え方になるのかというのが、以下のURLをクリックしていただくと、図解入りで詳しく掲載されています。
参考としてリンクを貼りつけておきまので、興味のある方はクリックしてみてください。

クリック http://eclipse-navi.com/20120521/kakuchi/03_kantou/08/82023.html


滅多に見ることのできない天体ショー。
天気の方が心配ですが、そんなに早起きしなくても観測できる時間帯となっており、チョットだけ意識をしておけば忘れないかと思いますので、観測をしてみてはいかがでしょうか。

久々のウンチクでした。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
会長
性別:
男性
自己紹介:

24年度は、「前向きに!!」をテーマとして活動を推進します。

本年度も会長を務めさせていただくこととなり、本Blogも3年目に突入となりました!
22〜23年度の活動で信頼関係・絆を深めることができたと考えております。
本年度は更に子どもたちのサポート活動を1歩前に進めることで、より太い絆が得られるよう、「前向きに!!」活動を推進していきたいと考えていますので、より積極的なご参加をお願いします。

本Blogでは、PTA活動のサポートツールとして、活動を身近に感じていただけるよう、活動の様子はもちろん、子どもたちの部活動の試合結果や学校・地域の情報など、タイムリーな情報を積極的に発信していきますので、よろしくお願いします。